2017年02月26日

無条件に「おめでとう!」と言われるヘテロがうらやましい



「子供が生まれた」とか、「結婚する」とか、そういうことで、無条件に「おめでとう!!!」と誰も彼もに言ってもらえるヘテロが、うらやましい。

誰も、「そう⋯⋯。」って顔を曇らせたり、「ええっ!?」って、「身の程知らずが!」って顔をしたり、絶対しない。

そういうことを、「しちゃいけないことだ」って、全ての人々から思われている。


うらやましくて、たまらない。



ヘテロの人が、うらやましい。





ほんとうに、うらやましい。






posted by ひろみ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「わたし」は、「わたし達」なのかもしれない



最初は一つだった細胞が、分裂に分裂を繰り返して何億個と増えたとき、「胎児」になる。
一つの細胞では、「人間」と呼ばれない。(生命倫理の世界では、論議がある。)

一個の脳細胞では、多分いまの私の意識はうまれないだろう。

脳細胞がいっぱいあって、いまのわたしという意識が在る。

「わたし」をかたちづくる細胞は、複数形なのだ。


じゃあ、「わたし」という意識は、実際は「わたし達」なんじゃないだろうか。


多重人格とか言われている「症状」の人たちは、単にその仕切りがほかの「普通」の人たちよりも、
クッキリしているだけなんじゃないだろうか。

「〇〇なキャラ」という使い方で定着した「キャラ」という言葉も、みんな、一人ひとりがそれぞれに抱えている、「わたし達」のうちの1人を指すのだろう。

その「キャラ」がステレオタイプ化されていることは、どう捉えればいいんだろう。


わたしは、わたし達である。

そのわたし達のうちの1人に、つらいものを、苦しいものを、負わせて押し付けてしまいながらここまで生きてきた。

いま、私は、必死で無視してきたその存在たちと、会話をしている。
ごめんね。つらかったね。助けてあげられなくて、ごめんね。助けてあげたかったよ。ほんとうに、つらかったね。怖かったね。苦しかったね。悔しかったね。助けて、あげたかったんだよ。でもできなかった

そうしているうち、それを続けているうち、少しずつ「わたし達」と話せるようになった。
わたし達は、一人ひとり、この「わたし達」を守るために、分節化しながら、それぞれの役割を負いながら、なんとかわたし達を生かそうと、生き残らせようと、いっしょに生きてきていた。

メインに表に浮かんでくる「わたし」は、その時々によってちがう。
分節化してるときもあるし、ぼんやりと、渾然一体に「わたし」を成しているときもある。

ひとつにもなるし、分節化もする。

いずれにしろ、1人でも多くの「わたし達」が、それぞれみんな楽に、しあわせに、生きられるようにしていきたい。
一部の「わたし達」だけじゃなくて、忘れられた、置き去りにされた、ずっと無視されてきた「わたし達」と、これから、少しずつでいいから、ちゃんと、向き合って生きていきたい。

いままで、無視してきて、ごめん。あなたがいることを、認める。あなたの気持ちを、話してほしい。
無視してきた立場で、虫がいいかもしれないけど。
これからは、少しずつ、前に出てきてほしいんだ。

その邪魔をすることは、もう、
これからは、やめるように気をつけるから。


「わたし達」が、前に出ることを、邪魔するのは、やめよう。



「わたし達」の、気持ちを聞こう。



そして、ゆっくりでいいから、寄り添っていこう。






posted by ひろみ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

More 非モテのアダルトチルドレン本.

いやー、いいよなあ永田カビさんのさびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ -
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ -

超勝手に親近感抱いてるんですが、(現在)恋人がいないAC本であるという点が、特に最高!いやほかにも最高なところありまくるんですがw
田房永子さんの本とかも、超最高で凄く助けられるし癒されているのですが、
恋人がね⋯⋯
パートナーの方がね⋯⋯
いらっしゃる話になると、「ああ⋯⋯;;」って泣きたくなるのよね。
特にパートナーとおせっくすなさっているんですねという話になると、羨望のあまり気が遠くなるんですよね。
ひがみですよ。そらもう。
ひがみますよ〜妬みますよ〜〜
呪いますよ!!
怖いわ!!!

彼女ほぴい!!!って発作的に叫びたくなりますよ!


More,
恋人いないアダルトチルドレン本!!!


posted by ひろみ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

清水富美加さん。つらいことがあったなら、出家してもいいんじゃない?





つらいことがあって、どうしようもなく苦しいことがあって、今所属している集団・社会・コミュニティが、「自分を助けてくれない」と感じたら、神さまにこころを委ねるのも一つの手だろうよ。


「世」から逃れたいとき、神仏を頼って出家する。


これは、日本の古来よりの伝統だ。
『源氏物語』をはじめ、古典を読めば、いかにも是と頷けるだろう。

過酷な苦境をさまよった女性たちが、自分をモノ扱いする「世」から逃れるのに、
「出家」は、最も有用な自己救済の方法だった。

身分も保障され、迫り来るチンコも撥ね除けられ、「悲しいです。つらいです。この気持ちを私ひとりでは、抱えきれません」と、「世間」や「常識」から離れたところで訴えられる。
唯一の、セーフティネットだった。



よく勘違いする人がいるけど、
神さまを信じることは、「自分の頭で考えない」ことじゃないぜ?


神さまは、支配者でもなんでもない。

神さまを信じるということは、こころの中に一人、どんなときでも絶対に自分の味方になってくれるひとを棲みつかせることなんだよ。

神さまの奴隷になるんじゃない。


神さまこそが、奴隷なんだよ。



どんなひとでも、こころの中に、知らず知らずに神さまを飼っているはずだ。
解離性人格とか、最近言われている「分人」みたいなものだ。


神さまを信じるということは、
こころの中に一人、「どんなときでも絶対に味方になってくれる人格」を飼い、そのひとに寄り添ってもらいながら、自分が望むとおりに生きることです。


主体性の極みである。

「もうひとりのボク」、ってやつだね。



「神なんか信じる奴はバカだ。弱いやつだ。」という人は、自分が「強い」と思っているんだろうか。
自分は、「弱者ではない」と?


そういうひとほど、危険だ。


そういう人も、騙されたと思って、自分のなかに神さまを一匹、飼ってみたらどうだろう?
一匹と言わず、二匹でも三匹でも、なんなら八百万でも飼ってみたらいいかもよ。

いや、自分では認めていないけど、実はもうとっくに飼っているはずだ。
こころに語りかけてみなよ。

「つらいよ、苦しいよ。誰もわたしのことをわかってくれないよ。でも、あなただけは、わかってくれるでしょ?
どいつもこいつもバカで無神経で、全然わたしを思いやってくれないけど。
あなただけは、生まれたときから、ずっとわたしぼくおれを、見守ってくれているよね。
お願い、わかってよ。いま、凄くつらいんだよ。

お願い、

抱きしめてください⋯⋯







って。




posted by ひろみ at 23:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする