2017年04月25日

「子供が自分よりも不幸でいないと、幸せと感じられない」人たち。それがお父さんとお母さんだ。




お父さんとお母さんは、「子供が自分よりも不幸でいないと、幸せと感じられない」人たちなんだ。


なんでかわかんないけど、そう思う。

子供限定なのか?
そうは限らないと思う。
とにかく、「自分よりも不幸だ」と思える人が増えれば増えるほど、「嬉しい」と感じる人たちなんだ。

ただ、それが「子供」だと、さらに違う。


「子供」だけは、何があっても、絶対に自分よりも幸せにならないで欲しい。
なってはならない。絶対に、許さない。

子供が、自分よりも幸せになったら、死ぬ。

子供だけは、何があっても、自分よりも、不幸せでいるべきである。
自分よりも幸せになる子供は、生きていく資格がない。
自分よりも幸せになる子供は、死ね。


そんなところだろう。あの人たちの心底は。



お母さんとお父さんは、同じことを、自分の「お母さんとお父さん」に要求されていたんだろう。
私の「祖父」と「祖母」に。

そうして、それを守った。
今も守っている。きっと。


自分がさせられたのだから、「自分の子供も」。同じことをさせられて然るべきである。
わたしはお父さんとお母さんよりも幸せにならないように頑張ってきたんだから、次はお前の番だ。
不幸せになれと要求されてきたわたしに、それよりも不幸になることで、わたしに「幸せ」を感じさせるのがお前の義務だ。
それが、子供の義務だ。

お前は、わたしよりも幸せになってはならない。


お父さんとお母さんよりも幸せになることを、禁ず。
その掟を守るには。「守った上で自分が幸せになる」には。


お父さんとお母さんを、幸せにしてやるしかない。


だが、不可能である。


親たちは、そもそも幸せになろうとはしていない。
なぜなら。
親たちも、「(自分の)お父さんとお母さんよりも、不幸せでいなければいけない。」
それを破れば、殺される。
そう信じ込んでいる。

「自分は、不幸せでいなければいけない。」
そう信じ込んでいる人を、他者が「幸せにしてあげよう」とすれば、必ず徒労に終わる。
「自分は、不幸せでいなければ、殺される。」
そう思い込んでいる人を幸せにしてやることは、神にも不可能だ。


つまり、お父さんとお母さんは、死んでも幸せにはならないのである。


どんなに私が頑張っても、お父さんとお母さんを幸せには、できない。


天地がひっくり返っても、幸せにはなれない人たち。
「不幸せでい続けることでしか、自分は幸せになれない」と信じ込んでいる。

狂気としか言いようがない。
「不幸せでい続けることでしか、幸せになれない。」
矛盾に気づいていない。恐ろしい。無限ループである。


正確に言えば、


「不幸せでい続けなければ、殺される。」


そう思い込んでいるわけだ。
どっちにせよ、幸せにはなれない。





自分で、自分の生を変える気のない人に、「幸せだ」と感じさせようとするには、その人よりも「不幸だ」と措定されたモノを用意しないと、無理だ。


自らの内から湧き出る、
安心だ。
安全だ。
自分は、誰にも「必要」とされなくても、何の役割も演じなくとも、誰にも「交換条件」を提示しなくても、いくらでも、無限に、生きていっていいんだ。
生き続けていって、いいんだ!


という幸せを、そもそも求めようとしていない人にとって、

「幸せ」とは、「自分よりも不幸な(とされる)人がいる」状態にほかならない。
「他者を踏み台にして見下す」感覚以外に、かれらにとって、「幸せ」と呼べるものが無い。
相対主義の、「幸せ」である。



どこかで、この因縁を断ち切ってきたひとがいる。
この地獄の連鎖を、血反吐を吐く思いで、自分のあとの人たちにはさせまいと、のたうち回りながら、「自分の」幸せを掴もうと生きてきた人たちがいる。
相対主義ではない、「わたしの」望みとは何かを、「わたしの」幸せとは何かを、ズタズタのこころを抱えて、血と涙を流しながら模索していった人たちがいる。

その人たちが、地獄の因縁を断ち切って生きてきた。
その道筋のあとにこの世界がある。


地獄の連鎖を子供に要求してきた人たちと、
連鎖を断ち切って、「わたしの」望む生を生きようと、選び続けてきた人たちがいる。




わたしは、お父さんとお母さんが望むとおりに、「わたしは、お父さんとお母さんよりも幸せになってはいけない。」と思い込みながら生きてきた気がする。

「お父さんとお母さんよりも私が幸せになりそうになったら、自分が好きなことやしたいことを我慢して、
『綺麗だ』とか、『美味しい』とか、『気持ちいい』とか、『楽しい』という感覚も、できるだけ、感じないようにしなければいけない。感じそうになったら、セーブしないといけない。ブレーキをかけなきゃいけない。」

と、深く、深く、呪いのメッセージを呑み込みながら、生きないように、生きてきた。

生きないように。
生きないように。

生きないように、自分を呪いながら。

だって、ほかの人を幸せにすることを主目的にいきていったら、「生きない」ことになるんじゃないか?
生きることはできないよな。
それ、生きていくって言わないよ。



私は、お父さんとお母さんが、「自分よりも不幸せな人」を見下さないと、幸せと感じられない人たちであることに、だんだんと気づいてきた。

すると、どういうわけか、見るもの聞くもの、食べるもの、全てが、これまでよりも、感動が減って感じられてきた。アニメも、映画も、美味しい食べ物も、大好きなゲームも。

以前はあんなに熱狂して楽しむことができたのに、今は、以前よりもずっと、何を見ても聞いても、感じない。感動しない。
味気なくってしょうがない。

どうしたんだ、私?と思っていたけど、もしかしたら、これは⋯⋯


わたし、今、
「お父さんとお母さんは色々なものを馬鹿にしたり、見下したりして。他人の目を気にせずに自分の感じるこころを大切にして、『素敵だ』とか『面白い』とか、素直に感じて楽しめない人たちだから、お父さんとお母さんが不幸せを感じないように、私はもっと色んなものを馬鹿にして、素敵だとか楽しいとか面白いとか美味しいとか感じないようにしなければいけない。感じない、つまらない、喜びが無い人間になろうとしないといけない。」
と思ってやしないか?

お父さんとお母さんは、エッチする喜びを、自分の感覚を大切にして、じぶんの身体に触れる喜びを、お互いを(自分を)たいせつにして、気持ちのいいことを心から許して、自分に認めて、よかったねえ、気持ちよかったねえって、自分といっしょに喜んであげる幸せを禁じている人だから、
「気持ちいい」と感じることを辱める、悪だと思い込んでいる、迷妄に囚われきった人だから、
私も自分で自分を悦ぶ感覚を、封じよう、忘れよう、無かったことにしようと、してないか?

まずいぞ、それ。もったいないよ!

気持ちいいって感じて、いいんだよ。
楽しいことを、気持ちいいことを、めいっぱい感じまくって、良いんだよ!

私、お父さんとお母さんに見習って、物事を馬鹿にしたり見下したりすることでしか喜びを感じられない人になろうと、感じる気持ちを、楽しむ気持ちを、感動するこころのちからを棄てようとしてきたんじゃないか!?


やばいぞ、私!


目を覚ませ、わたしよ!!


生きていいんだ、わたしよ!


わたしは、わたし達は、お父さんとお母さんよりも、幸せになっていいんだ。


あの人たちの押し付ける「幸せ」でなく、わたしが望む生を、生きて良い。



「わたし達」が、望む生を、生きていい。好い。善い。良い。佳い。



「わたし達」の一人ひとりが、望むことを、望んでいいんだよ。



生きたい。
生きるのを、やめたい。
いなくなってしまいたい。



その、どの望みも、望んでいこう。



望んでいこう。すべてを



posted by ひろみ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする