2017年06月24日

勇気とは、





「どんな地球上の最凶権力者であろうと、わたし以外は全てゴミ。」


という覚悟がなければ、


「どんなに力無い、ちっぽけな、哀れないのちでも、ほかの何にもおとらずに、大切にしたい。」


という慈悲のこころは、

護られ得ない。



保たれ得ない。



なにかとてもささいな、小さなものを、大切にしたかったら、

もう自分をぺしゃんこに圧し潰してしまうほどの巨大な、恐ろしい敵であろうと。
ぶっ飛ばす。


というカラ元気の、蛮勇を奮う必要がある。


それは虚栄心ではない。
小さなものを大切にしたかったら、自分じしんが自分の生命を護る。覚悟を持たなければいけないんだ。

その覚悟もないままに小さなものを護ろうとしても、
見せかけの、媚び売りの、ペテン師にしかならない。


鬼神よりもおそろしい権力者さえ。
ぶっ飛ばす。


実際にどうなるかどうかではなく、こころのなかの世界で、そういう想像力を奮えるかどうかだ。
幻想力を。



勇気とは、自分の想像力を愛しぬく無邪気な恋心だ。



想像力だ。



想像力を、馬鹿にしては、ならない。



想像力と、友だちになろう。



わたしは、わたしじしんの想像力を愛そう。



そして、
わたしじしんの幻想力を、愛そう。



幻想を、にくんでは、ならない。



幻想は、生命力なんだ。



わたしを追い詰める幻想を、わたしを温める幻想に変えよう。




posted by ひろみ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

おまえは、どこにいる?




誰もかれも、好きでこの世界に生まれたわけでは無いのに、

まるで「わたしは、生まれたくって、この世に生まれてきました!」とキラキラした顔を見せ
ようとしなくっていいのよ。


そういう顔をすることを、親が要求したからって。


国家が要求したからって。



したくもない表情を造ってやる義務は、全っっっっったく無い。
断言する。


したくもない表情を捏っていきるのは、地獄の所業だ。


ズーンと落ち込んだ、「わたしはいま地獄にいます。」という表情を、そのまま出せばいいのだ。


だって、うしろの「わたし達」が、そういう気持ちを現わしたがっているんだ。


それを邪魔するのは虐待である。






まあ、虐待も、時にはしたっていいんだけど。


この世にしてはいけないことなど、なにもない。


だから、生きられるんだろう?



親どもの、「ここ」だけは見習ったほうがいい。
「ここ」だけは、貪欲に、盗んで生きようじゃないか。



もっと無責任に、周りに迷惑をかけて生きよう。


やつらがそうしてきたように。

そうしてきたからこそ、奴等は生き残れたんだ。

だがそれを、わたし達は、「親のため」ではなく。


自身自身のために、使おう!


そこが彼らとの違いだ。
かれらは、自分の親のために、世間のために、そのスキルを使ってきた。
その結果があれである。


だが、わたし達は。


わたし達は、じぶんじしんの身体と、こころを楽にするために、ひとに迷惑をかけようじゃないか!



だいたい迷惑をかけたところで、何も困りはしないのだ。こちらは。

責任なんか取らなくったって、なんにも問題無いんだ。こっちは。


おまえは、どこに生きている?


あっちか?それともそっちか?





こっちだろうが!





posted by ひろみ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

千葉雅也さんの「ことば」に、癒される。

千葉雅也さんの「ことば」に、癒される。




千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
5月31日
自分がこの世に生まれたこと、他人と違う存在であることの偶然性に耐えられない、そのことによる不安。すべての文化的産物はその隠蔽であると言えるが、いま問題になっているのは、それが強く他者性排除的になっていること。それは、「産まれてこなければ」という無意識にかなりイコールでは、と思う。


なるほどなあ。
私が「無意味」「無理由」「無原因」にたどり着いて、「虐待の理由さがし」地獄から解脱できたのは、千葉雅也さんの著書と、発言を読んだからです。

わたしは、ずっと、生まれてこなければよかったと思っていた。
「生まれてこなければよかった」も、「死にたい」も、半分は、お母さんへの「媚び」であった。
わたしがいなくなればお母さん、喜ぶんでしょ?
わたしが消えれば、お母さん、めんどくさいこと、全部、なくなるよ。
よろこんでよ。わたしに、「よくやったね」って、褒めてよ。


「ありがとう!よく、お母さんの望みどおりに消えてくれたわね、いい子だわ!」って、


褒めてほしかったんだ。




半分はね。




かなしいなあ。





千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
6月1日
がんばってやってきたオトコが語る自己責任論の必死感、哀しさ。そう、哀しいトーンがある。哀愁。(そこに他人を巻き込むから害悪なんだ!という批判はわかるし、すべきだろうが、しかしその根底にある哀しさへの「愛」がなければ、社会全体を変容させることはできないだろう。)




がんばってやってきたオトコが語る自己責任論に虐待されてきたので無理です。

わたしは愛しません。

「がんばってやってきたオトコが語る自己責任論」には、反吐が出るほど嫌倦厭しています。


社会を変容させることの大切さは重重承知していますから。


どうぞ、愛せるひとが愛してください。
わたしには無理です。

かといって、「愛せる」ひとたちがあのクソジジイを愛そうとすることを、わたしは止めません。
どうぞ愛してやってください。

わたしには無理です。
わたしに無理なことは、できるひとがやってください。

なんて優しいんだ、わたしは⋯⋯。



ひとには向き不向きがあります。


わたしには愛せません。愛しません。


哀することはできます。

あいっ かなしーみーのあいっ!!
あい・せんしたちッ!!!

高校時代の友人がよくピアノで弾いてたなあ⋯


わたしには哀することが限界なので、愛せるひとはどうぞ愛しますよう。
陰ながら応援するしだいです。


わたしにできないことを、他のひとにお任せする。
これこそは、人が「他者もいる」世界に生きる美点だ。





千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
男子校で、生徒同士の同性性関係が発覚すると、停学とか退学になるという話、あちこちから聞くんだけど、いつもそういうルールを撤廃できないものかと思う。いわゆる不純交遊の問題と、同性愛差別が絡み合っているケース。


千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
二人でトイレの個室に入ったことがバレたら退学とかね。


千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
ああいう(しばしば隠されている)ルールって、現代の人権感覚からしたらアウトなんじゃないの。


千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
男子校に同性性関係の現実があるかと言えばあるのであり、実際BLみたいな状況はたんに腐女子の妄想ではなく、ある程度現実にあることなのだ、と思っていい。


千葉雅也 『勉強の哲学』発売中 ‪@masayachiba‬
なんか、人狼っていうゲームに抵抗感があるのは、ヘテロ男の社会の中で、実はあいつホモなんだって!というのをすぐに連想するからだろうな。


その感覚はすごくわかるなあ。
最初、ルールを聞いたとき、なんか得体の知れぬ嫌な感じが走ったんだよな。
恐怖に近い感じ。
「へ⋯⋯ へぇー⋯ お、面白いんだろうなぁ〜⋯⋯?」

背すじに走る、なにかに「気づきたくない」怖さ。

千葉さんの発言ではっと腑に落ちたんだよな。
わたしも人間にみえる透明人間だった。

人間にみえる透明人間。



人間にみえる透明人間。



そういう感じ。





***




自虐でもなく、自慢でもなく、自分のインテリ性を、ほがらかに認める。


インテリは、インテリの苦しみから解脱しよう。
インテリであることは、恥ずかしいことじゃあないよ。


かといって逆差別ナルシシズムに陥ることもなく。
インテリさは、ただ、たくさんあるすてきな個性のなかの、ひとつだ。


この素敵さを、揶揄うひとも、やっかむひともいる。私のクソ親父とかな。
それは、他者の美貌を揶揄うように、他者の富貴をやっかむように、
ただ、加害者の、虐めたい欲望の前には、どんなものでも利用される。


被害者のがわには、虐められる「意味」も、「理由」も、「原因」も存在しないんだ。
ほかのすべての個性と、同じように。


だから、自分のインテリさという素敵さを、憎まなくて、いいんだよ。
蔑むのは、やめよう。



インテリは、すてきな個性だよ!





ということを、千葉雅也さんの勉強の哲学 来たるべきバカのために -
勉強の哲学 来たるべきバカのために - を読んで、思いました。
posted by ひろみ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする