2017年08月16日

なんか、インターネット

なんか、インターネット、
特にSNS(そして特にTwitter)などで、

毒にも薬にもならない良い子ちゃんフェイスをした、うわべの当たり障りのないゆるふわ肯定発言(※)、『友』発言か、
対象を完全に徹底的に叩きのめして抹消するために、必死ささえ漂う呼吸で侮蔑し悪罵するマウンティング罵声、『敵』発言の、

二極に分断されたことばしか出せなくなっているひとが、とても多くなっている。


「敵か。味方か。」以外の存在を絶対に認めない。ということば。


「お前は、味方ではないのならば、絶対に敵だ。」
「お前は、敵ではないのならば、絶対に味方だ(な?)。」


「わたしはあなたの敵でもなく、味方でもないが、状況によっては、わたしはあなたに寄り添いうるし、あなたもわたしに寄り添いうるだろう。
同時に、状況によっては、わたしはあなたに逆らいうるし、あなたもわたしに逆らいうるだろう。」



ということばを、絶対に許さない。認めない。ということば。
そんな存在は、絶対に認めない。


「どちらでもない、どちらでもありうる。」など、恐くて恐くてたまらないのだ。


「自分を殴るひとか。自分の奴隷になるひとか。」しか、世界にはないのだ。




そういう「世界」に、ゆらぎの性は、たいへんに馴染まざるものだろう。




※肯定「的」と、「肯定」は、違う。
posted by ひろみ at 23:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする