2017年09月06日

高嶋あがさ『母を片づけたい』は、「母親の娘への性欲」を活写している。

ちょうどKindle月替わりセールで母は汚屋敷住人 -
母は汚屋敷住人 - が安くなっていたので宣伝したい。


高嶋あがささんの母を片づけたい~汚屋敷で育った私の自分育て直し~ (バンブーコミックス エッセイセレクション) -
母を片づけたい~汚屋敷で育った私の自分育て直し~ - に出てくる母親は、
まさに私が母親は、ロリコン誘拐犯である。で言ったところの、「娘に性欲を抱く母」だと思う。


ご本人が言っているわけではない。

高嶋さん自身は、「女としての嫉妬」ではないか、と想像しているが、
私は典型的な「娘に性欲を抱く母」だと推測している。


「母親が『女として』娘の『女さ』に嫉妬する」という感情は、確かにあるだろう。
私は、その存在「も」、否定しない。

だが、母が〈女として〉娘に嫉妬する、という感情は、母が〈男として〉娘に性欲を抱く、という感情と、矛盾しない。
同居する。
余裕で同居する。
ひとの欲望の在り方は、アンビバレントだ。
つねに、複雑な感情・対極(に見える)欲望の、引っ張り合い。綱引きだ。

それは、なにもおかしいことではない。
私は、「わたし達」なのだから。


〈女〉さを抱えながら、〈男〉的に女性を欲望することなど、日常茶飯事だ。

わたしだってそうだ。



『母は汚屋敷住人』はちょっとぬるいな、もっと掘り下げたの読みたいな、と思ってたけど、
『母を片づけたい』は素晴らしい。

わたし自身が抱えている「セルフ・ネグレクト」の問題とあわせて、とても深く「抉られる」作品となっている。

母親の性欲に悩んでいるひと、セルフ・ネグレクトに苦しんでいるひと、沢山の人たちに、
わたしは、『母を片づけたい』をお薦めします。



posted by ひろみ at 18:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする