2017年03月19日

わたしは、おんなのひとに触れ、触れられたい。

なんか唐突に思ったんだけど、

母以外のおんなのひとに触れたい。
服の上からではなく、肌で。

一度、触れたことがある。でも童貞である。段階はあるんや。
童貞だけど、そのときの体験は素敵なものであった。

わたしは、性経験の有無や多寡でひとを値踏みするやつが、大嫌いだ。
グロテスクで、品性下劣だと思う。

でも、ひととの関わりの体験レパートリーを増やすことは、じぶんを豊かにすると思う。
特に、私のような、そもそも人生のはじまりから人肌を奪われていたひとにとって、安心できるかたちで他者の肌に触れ、触れてもらうことは、とても満たされる体験になるだろう。

自分のおっぱいをほんのりと握ることに加えて、他者の肌に触れる体験を重ねることは、きっと私を楽しく、人生の喜びをひとつ増やすことになるはずである。

自分の欲望を表現することの難しさを、ためらいを、羞恥を、植えつけたのもやはり加害者たちだ。
嬉し恥ずかしいあの「きいてもらった」喜びを、馬鹿にして、嘲笑して、辱しめた。

でも、あの人たちは、「他人」なんだなあ。
すっかり勘違いしていた。
お母さんは、他人なんだ。
お父さんは、他人なんだ。
私と、sheは別の人間なんだ。
私と、heは別の人間なんだ。
繋がった、一つのカタマリのように、私も勘違いしていたんだ。

わたし、勘違いしてた。

わたしは、「家族」の一部じゃ、なかったんだ。

わたしが罪悪感を抱いていたのは、わたしがおんなのひととおせっくすしたら、「家族」もホモセックスをしたことになると勘違いしていたんだ。
家族も「変態レズ野郎」とのレッテルを貼られることになると、「わたしも」勘違いしていたんだ。
まあそんな差別規範を私にねじ込んで、刷り込んで、植えつけたのは、「家族」たちだがな。
勝手に怯えて。怯えていたのは、わたしなのに。そうですか、そんなに嫌なら勘当すればいいじゃないですか。お前らが世間様と寝続けたいなら、勝手にしろよ。私を、切ればいい。汚れのついた部品になって、残念だったね。私の学歴と、私の性は、切り離せませんよ。
私という便利グッズから、私のセクシュアリティは、切り離せませんよ。
残念だったね。
これからも、かれらは、かれらのせっまい「世間」の中で、私の学歴とか研究成果とかのパーソナルデータを、知り合いの奥様方とか、会社人、取引先の相手とかとの「社交」のなかで、かれらの「格」を上げるマウンティング道具として、使い続けるんだろうな。
でも、「あら、じゃあ、旦那さんはいるの?」とかいった質問を向けられたら、グッと詰まるんだろうな。
でも、「いえ〜結婚するつもりはないみたいでね〜」とか誤魔化すんだろうよ。

一生やってろ。お前らの中で。




そういうわけで。


わたしは、「わたし」に向けられる差別を心配してりゃいいのさ。


「家族」って、他人の集まりを意味しているんだよ。

そういうことに、ぼんやりしてたら、気づかずに生きてしまう。
こういうこと、学校で教えてくれたらよかったのに。


涙がもっと、軽やかに、柔らかに、のびのびと流れ出しますように。

せきとめることもなく、ゆるやかに溢れ出る、豊かな川に


いつかリラックスして、わたしが望む、すてきな相手と、肌を重ねられますように。
わたしの望みは、どんなことでも、望んでいいんだ。


わたしの世界で、わたしの望みは、どこまでも、好い。


どこへ行っても、わたしの望みは、活きていきつづける。


わたし達は、みんなで、生きていく。




posted by ひろみ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック