2017年05月05日

「ブラジャーを娘に買ってあげない母」は、娘に性欲を抱いている。



根本的に、母親は娘に性欲を抱いている。


事実である。
そこらへんをはっきりと言明する専門家は非常に少ない。

だから、被害当事者が言ってやるしかない。



「娘が性的になることを嫌がる母」とは、処女厨の男である。


母親は、〈男〉である。


そこになんの矛盾もない。
〈母〉は、〈男〉である。

むしろ、



〈母〉を極めれば極めるほど、〈男〉化する。



ここらへんを読み違える人が多いから、被害者の娘(息子)たちが混乱させられるんだよなあ。


永田カビさんの本を読んで凄く励まされたのは、「娘が母に抱く性欲」を、誤魔化しなく、ご自身の表現ではっきりと描いてくれたことだった。
私だけじゃないんだ!と思いました。
私も、母親に性欲を抱いていたから。

今となれば、それが、「母親が自分に向けてきた性欲への、応答」でもあったことが、容易に認められる。


娘に「可愛い服」を着せたがる母親の心理。
それは

ロリコンの誘拐犯が、少女に「自分好みの服」を着せようとする欲望とイコールである。


母親は、少女誘拐犯である。


少女を所有しているという征服感に、恍惚としている性欲主体。
それが、母親である。


それを認めてしまったら、ことごとくこの国の〈母性愛幻想〉は崩壊してしまうわな。
そら認められんわけだわ。



誰も言わないならはっきり言おう。


母親は、娘を犯したくてたまらないのだ。


だから、娘が他の〈男〉にセックスされるのを想像して、憎悪を噴き上がらせる。


母親とは、

独占欲と支配欲に満ちた、近親姦性虐待加害者なのである。




posted by ひろみ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック