2017年06月24日

勇気とは、





「どんな地球上の最凶権力者であろうと、わたし以外は全てゴミ。」


という覚悟がなければ、


「どんなに力無い、ちっぽけな、哀れないのちでも、ほかの何にもおとらずに、大切にしたい。」


という慈悲のこころは、

護られ得ない。



保たれ得ない。



なにかとてもささいな、小さなものを、大切にしたかったら、

もう自分をぺしゃんこに圧し潰してしまうほどの巨大な、恐ろしい敵であろうと。
ぶっ飛ばす。


というカラ元気の、蛮勇を奮う必要がある。


それは虚栄心ではない。
小さなものを大切にしたかったら、自分じしんが自分の生命を護る。覚悟を持たなければいけないんだ。

その覚悟もないままに小さなものを護ろうとしても、
見せかけの、媚び売りの、ペテン師にしかならない。


鬼神よりもおそろしい権力者さえ。
ぶっ飛ばす。


実際にどうなるかどうかではなく、こころのなかの世界で、そういう想像力を奮えるかどうかだ。
幻想力を。



勇気とは、自分の想像力を愛しぬく無邪気な恋心だ。



想像力だ。



想像力を、馬鹿にしては、ならない。



想像力と、友だちになろう。



わたしは、わたしじしんの想像力を愛そう。



そして、
わたしじしんの幻想力を、愛そう。



幻想を、にくんでは、ならない。



幻想は、生命力なんだ。



わたしを追い詰める幻想を、わたしを温める幻想に変えよう。




posted by ひろみ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451158354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック