2017年09月23日

「お前が悪いから殴った。」

書いて、UPしかねていた文章。
あるセラピーを受けたら、楽になったので、いまは、この文章のような気分では、あんまりない(つもり)。

でも、「痕跡」として、残しておこうと思う。


------------------------------------


「お前が悪いから殴った。」

「あんたが悪いから、『生まなきゃよかった。』と言ったのよ。」


と言われ続けたら、


どんなに考えても、「自分が悪い」に、納得できる理由を見つけられなかったら。


「自分が生まれてきたのが悪かったんだ。」

「自分が生きてるのが悪いんだ。」


と思う(納得する)ようになるのは、当然だ。
そして、「死のう。」と思う。



「自分の何が悪かったのか?実感では全然ぴんとこない。
 よくわかんないけど、たぶん私が生まれてきたのが悪かったんだろう。
『私がした悪いこと』といえば、それぐらいしか、思いつかない。」

と自分で自分を納得させるしかないのである。


「お前が悪い。」と言われ続けたひとが、
問題を解決するのに、「死のう。」と思うのは、ごく当然の帰結である。

親たちは「意味」「理由」を振り翳すので、
子供は、親に倣い、自分なりに納得できる「意味」「理由」をなんとか編み出そうとする。親に倣って。


「無意味」「無理由」であるとも知らずに。


切断が必要なんだろう。


「親子」とは、この社会では、「因果」のアレゴリーだ。

子供に「結果」のみを求める親は、
「果」たる子供で、自分が「因」としてはかられるのを、恐れている。

「子供=果」であり、子供に求めるのは「結果」のみになって当然なのである。

プロセスを見てほしい?なにを言っているんだ、お前は「果」だろうが。
お前は「果」でしかないんだよ。

糞親には、プロセスという発想が徹底的に欠けている。
「因」と「果」しか無いのである。





酷すぎるよね。
「生まなきゃよかった。」
この世でいちばん、言っちゃいけない科白だよね。
言ってしまったら、全てを懸けて、言った相手に謝らなきゃならない、取り返しのつかないことばだよね。

でも、お母さんは、「半分はあんたが悪い。」と言った。

わたしが「生まなきゃよかった。」と言われたのは、半分はわたしが悪いらしい。
じゃあ、どうしたら、わたしは「生まなきゃよかった。」と言われずにすんだんだろう?
お母さんのために、ハーバード大で主席をとって、お母さん好みの男性と結婚してセックスして、内臓を全部売ってその売り上げをお母さんにあげれば言われずにすんだんだと思う。

わたしはどうしてしなかったんだろう。


それをしなかったわたしを、


それをしなかったわたしを、


「生まなきゃよかった。」って言われたって、しかたないよね。







わたしは幽霊だ
posted by ひろみ at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください