2017年10月03日

ぶ厚いローストビーフは、500円でつくれる。



スーパーで安売りしている牛肉をブロックで買い、ローストビーフをつくった。


ローストビーフはめちゃくちゃ簡単だ。


直方体の肉なら、4面をそれぞれジュッジュッと2分ずつフライパンで焼いて、醤油の中に漬け込んでしまえばよい。


これで完成だ。
実際は肉にニンニクを擦り込んだり、醤油にみりんとか好みのソースを足して漬けダレをつくって漬けたが、
ただ焼いて、素の醤油に半日漬け込むだけでも、十分美味しいだろう。

お店で出てくるローストビーフはたいていモモ肉なので、
わたしは、バラ肉のブロックを買う。
モモ肉じゃもの足りない。脂が少ない。

こってりと甘ーい脂の滴る、バラ肉のローストビーフが至高だ。

甘い脂と血の、とろりと滴るバラ肉のローストビーフの味を知ったら、もうお店のモモ肉じゃ満足できないぜっ!

こんな美味しいものが超簡単に500円で食べられるのに、不思議である。
分厚く切った脂たっぷりのローストビーフを、おつまみみたいにポイポイ口に入れて噛み締める幸せといったらない。

ローストビーフはおしゃれカフェ・レストランメニューではない。


旺盛な肉欲を野蛮に満たしてくれる、カジュアル日常おかずである!

posted by ひろみ at 21:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください